2008年02月10日

デイトレ始めた頃の話2

http://kozuko.seesaa.net/article/78265950.html
のつづき

ほとんど本も読まず、
対策も何もせずに、
30過ぎの調子に乗ったおっさんが、
ある日突然デイトレをやり始めた。

最初は何をすればいいのか全く分からなかった。
しかも、それまで「指値」をしたことがなかったので、
デイトレを始めてしばらくの間は常に「成り」で買っていた(今考えると恐ろしい・・・・)

成り行きで買っている状態で、
とにかく急騰を見つけて、
それに乗ることを心がけていたのだからなお怖い。

まず、
基本的に急騰を見つけるのが遅い(急騰してから発見するから)
そして買い方が最悪(遅れて発見した急騰の動きに成り買いをぶつけるという、とんでもない手法 ものすごく高値で約定するのが常)
イートレの現物のみでやっていたので手数料がとても高く、
手数料を超える利益をだすことなんかほとんどできない(手数料抜けの難しさに絶望を感じていた)

そしてボロ負けの連続。
買えば天井、投げれば底。
絵に描いたようにこの繰り返しだった。
本当に見事と言っていいくらい相場は逆に動いた。

「どうして勝てないんだ・・」

「なぜだ・・」

いくら考えても勝てなかった。
どんな手を考え出しても通用しなかった。
正直、何回も泣いた(30過ぎたおっさんがパソコンの前で1人泣いてんの・・)

そしてやはり勉強が足りないと思い、
いろいろなデイトレ本(主に何億稼いだとかいう本)を何冊も読み始めた。

つづく








人気ブログランキングへ
posted by 世捨て人 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ始めた頃の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。